【最強おすすめ趣味】掃除で節約&運動の効果もある?!

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
brown wooden brush 健康・運動
Photo by Jan Kopřiva on Pexels.com

掃除すると、キレイになるよ。(でしょうね)

しかし、掃除にはそれだけでは終わらない、いろんな効果が期待できます。
まさに、最強の趣味であるといえます。

この記事では

  • なぜ掃除が最強の趣味といえるのか
  • どんな掃除が良いのか
  • どうすれば掃除を趣味にできるか

について紹介していきます。

最強の理由① 節約になる

掃除で「節約になる」といっても、いまいちピンとこないかもしれません。
しかし、掃除は大いに節約につながる手段だと言えます。

掃除で汚れ・ホコリや食べ物カスなどを除去することによって、ダニやゴキブリなどの虫を寄せ付けない防虫効果が期待できます。ダニはアレルギーや、皮膚の湿疹の原因になりますし、ゴキブリは衛生的にも見た目的にも嫌な存在ですよね。

ダニによって虫さされができれば、病院に受診したり、薬を購入したり、はたまた防ダニグッズを購入するコストが発生します。そういったものを掃除によって未然に防ぐことができれば、コストを大幅に削減できます。掃除にかかる電気代等は、そういった「なってから」のコストに比べれば本当に微々たるものです。

他にも、エアコンのフィルターや各家電のホコリを除去することで、エアコンの冷暖房効率をあげて節電につなげたり、コンセント部分のホコリに引火することによるトラッキング火災を防ぐことも期待できます。

また、テレビやパソコン、ゲーム機など動作時に熱を発する家電は、ホコリによってファンがつまると、排熱がうまくいかなくなることで本体の故障につながりやすくなります。家電の買い替えサイクルを長くできることは不要なコストを防ぐことにつながります。

掃除という先行投資をすることで、こういったトラブルを未然に防ぎ、結果的に不要なコストを払わないことにつながるのです。

最強の理由② 運動になる

健康のためにも運動が大切ってことは皆さんご存じのとおり。
しかし、難しいのはそれを続けていくこと。

運動器具を買っても、すぐ飽きる可能性もあるし、場所をとって邪魔になるのが目に見えています。

そんな忙しい現代人にこそ、掃除は最強の運動の一つといえます。なぜならいつでもどこでも好きなタイミングでできるし、ジムや運動器具のようなお金もかからないからです。

運動の強度を表す単位として「メッツ」というものがあります。
これは、安静にしているときの運動強度を1としたときに、その活動が安静時の何倍のエネルギーを消費したかを表す単位です。

掃除機をかけたり、床を拭いたり、風呂掃除をしたりする行動は安静時の3~4倍(3~4メッツ程度のエネルギーを消費するとされ、これはウォーキングをするのと同じくらいのエネルギーを消費していることになります。

毎日、日替わりでいろんな場所をふき掃除してもいいし、毎日お風呂を丁寧に掃除するでもOK。日常の中に掃除の習慣をいれることができれば、十分運動の代わりになるのです。

最強の理由③ リラックスできる

・物が散らかった汚れた部屋
・ホテルのようにきれいに片付いた部屋

どちらで生活したいか、は言わずもがなですね。
(中には散らかっているほうが落ち着く人もいるみたいですが)

部屋に物が多いと、それだけ目から入ってくる情報が多くなります。
いろんな色、文字といった情報が多いと、それだけ脳はストレスを感じます。なんかイライラする、気分が優れないといったときは、たいてい部屋の中も散らかってるものです。

よって、できるだけ視覚から入ってくる情報を少なくすることが、リラックスできる状態につながります。

何か探し物をするにしても、片付いているほうがすぐに見つけれますよね。
散らかっていると見つけるのに時間がかかり、それもストレスになります。

部屋をスッキリさせることが、頭の中をスッキリさせることにつながるというわけです。

おすすめの掃除

reusable containers and crumpled bottle with kitchen utensils

基本的に、どんな掃除でも節約や運動、リラックスの効果を受けることができます。

ここでは、より生活習慣病を予防する効果が期待できる運動強度(3メッツ以上)をもったおすすめの掃除について紹介してきます。

掃除機がけ 3.3メッツ

「掃除機がけって結構疲れる」

というのは皆さん共通認識としてあるのではないでしょうか?
実際に掃除機掛けの運動強度は約3.3メッツ。ウォーキングと同等のエネルギーを消費します。

体感としても運動の負荷を感じるし、何よりホコリを取った達成感も味わえます。

掃除機は、あちこち掃除できるコードレスタイプがおすすめ。
中でもマキタの掃除機は、本体が軽い上に値段も安く、使われているバッテリー一つで防災対策までできてしまう優れものです。

当然ながら掃除機は重い方が負荷をかけることはできますが、重すぎて掃除自体が億劫になってしまっては元も子もありません。掃除自体が楽しくやれるように本体を軽く、掃除のハードルを下げることも大切です。

マキタの掃除機について知りたい方は、以下で詳しく解説しています。

拭き掃除 4.5メッツ

やり始めると止まらない、癖になるのが「拭き掃除」です。
運動強度も4.5メッツあります。

毎日お風呂につかる人は、お風呂掃除も同様の効果が期待できます。
毎回しっかり時間をかけて掃除をすると、それだけでも十分運動の効果期待ができます。拭く姿勢を変えることで、負荷をかける場所を変えることもできます。

また、拭き掃除は掃除機のように音を気にする必要もなく、掃除機ではとりにくい床のべたべた感、家具や家電にいたるまで、ふき掃除によってきれいにできます。

一見、床が綺麗に見えても、拭いてみると結構真っ黒に汚れていたりします。さすがに掃除機で人間の「皮脂汚れ」までとることはできないので、こういったものは拭いて掃除する必要があります。

ただし、拭き掃除といって、単なる”水拭き”は衛生面からすると逆効果になる可能性があります。拭き掃除するときは、まず掃除機やホコリとりなど「乾いた」状態で掃除してから、掃除用スプレーなどを利用して拭くようにしましょう。

詳しくは以下でおすすめする本を参考にしてください。

掃除を趣味にする 「掃除がしたくなる」本

いやあ、そもそも掃除好きじゃないんよ。にかっ

という人は、掃除に関連するを読んで、「掃除がしたくなるマインド」を作るというの一つの手です。

掃除や、衛生に関する知識をもっていると、それだけで「掃除しなきゃ」という気持ちをもつことができます。

また、本棚に「そういう本がある」という状態自体が掃除に意識を向けるきっかけとしても働いてくれます。

「人生がときめく片づけの魔法」

掃除、というよりも「片付け」の本です。

私はこの本を読んでいる途中から今すぐにでも片付けをしたい感情が湧き出てきて、読み終わってからすぐに片づけをしました。片付けが終わってみれば、なんとゴミ袋20袋分

部屋が片付くと、当然「その綺麗を維持したい」というマインドが生まれますし、何より掃除がしやすくなります。

それくらい強力に片付け・掃除のマインドをつくってくれる本です。

「健康になりたければ家の掃除を変えなさい」

「その場所に、こんな悪さをする病原菌がいる」とわかっていると、そこで寝転んだり何かできませんよね。これは「掃除がしたい」というより「掃除しなきゃ」のマインドを作ってくれる本です。

この本は、家のどこにホコリが溜まりやすいのか、そこにどんなばい菌がいるのか、それが増えるとどうやばいのかを教えてくれます。

これを読むと、なぜ部屋の隅や、家具の周りにゴミが溜まるのか、汚れやすい場所がどこなのかがわかります。きっと、隙間ノズルを使って部屋の隅を掃除機がけしたくなるはずですよ。

まとめ

turned on gray flat screen smart tv

掃除は、単に部屋を綺麗にするだけでなく、病気や家電の故障、火災などを未然に防ぐ効果ももっています。

何より、片付いた綺麗な空間のほうがリラックスできますよね。
毎日ホテルのようにきれいに片付いた空間で生活できたなら、とてもストレスなく生活できると思いませんか?

まさに、掃除は経済的・身体的・精神的に役立つ最強の趣味といえます。

ぜひ、みなさんも掃除を趣味にされてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました