【節約】ガソリン代を安くする方法 満タンよりも〇〇がお得

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
person putting gasoline on a vehicle 節約・コスパ
Photo by Erik Mclean on Pexels.com

皆さんはガソリンをどのように入れていますか?

  • 満タン
  • 定額
  • 定量

だいたいは上記のどれかに該当すると思います。

いろいろな方法がある中で、実はガソリン代を安くできる入れ方があります。

ガソリン代を安くできるのは 定額

いろいろなガソリンの入れ方がある中で、毎回決まった金額、定額で入れる方法がガソリン代を安くできる可能性のある入れ方になります。

これは投資の手法のひとつ、ドルコスト平均法が根拠になっています。

ドルコスト平均法とは、価格が変動しているものに対して、定額で買い入れを行うことで、安い時には多めに買い、高い時には少なめに買うことで平均取得単価を安くできる方法

例えば、ガソリン価格が1Lあたり150円、155円、160円のときがあるとします。

それぞれ満タン40L購入する場合

150円 × 40L = 6000円
155円 × 40L = 6200円
160円 × 40L = 6400円
合計 120Lを18600円で購入  平均取得単価 155.00円/L

同様に定額で2000円ずつ購入する場合

2000円 ÷ 150円 =13.33L(安いとき多め)
2000円 ÷ 155円 =12.90L
2000円 ÷ 160円 =12.50L(高いとき少なめ)
合計 38.73Lを6000円で購入  平均取得単価 154.91円/L

このように定額で買うことで平均取得単価を安く抑えることができるようになります。

この場合、1台あたり年間800Lのガソリンが必要だとすると
(155-154.91) × 800L = 72円 節約できる計算になります。

このようにドルコスト平均法を使って、定額でガソリンを購入することで平均取得単価を安くすることができます。車の保有台数が多かったり、年間走行距離が長ければ長いほど、このドルコスト平均法の効果は大きくなります。

”ギリギリ”もガソリン代を節約できるけど

orange and white traffic pole on cracked gray asphalt road

「ギリギリまでガソリンを入れず、入れるときも少しだけ」という、ガソリンを少な目で保つのも、理論上はガソリン代を安くできます。

これは、ガソリンを満タンでいれた場合、ガソリンそのものの重さによって多少なりとも燃費が下がることが予想されるからです。

ガソリンが常に少量しか入っておらず、常に身軽な状態であれば、燃費の向上分ガソリン代を安く抑えられる可能性があります。

とはいえ、いつ事故や渋滞に巻き込まれたり、災害に出くわすかもわからない中で、常にギリギリで走るのはリスクが高いといえます。

自衛隊員はいつ何があってもいいように、ガソリンは半分になったら満タンにいれるように心がけているといいます。

実際、東日本大震災のときにはガソリンスタンドが大渋滞を起こしました。災害時の移動手段や電源、冷暖房といった意味でも、ガソリンには防災の備えとしての価値もあります。

災害大国・日本に住む以上、防災意識も常にもっておいたほうがいいでしょう。

オススメは、半分以下になったら「ついでに」「定額で」いれる

clean clear cold drink

定額でガソリンを入れたほうが、ガソリンの平均取得単価を安くできる可能性があります。

ガソリンをギリギリ・少なめに保つのも燃費向上分節約できますが、災害時のリスクがあります。

そこで私のおススメのガソリンの入れ方は

ガソリンが半分以下になったら、どこかにいく「ついでに」「定額で」いれる方法です。
特に、ガソリン価格は日曜日に最も安くなるため、おでかけのタイミングに合わせて「ついでに」いれることをおすすめします。

定額でいれる金額としては2000円程度がおススメ。

それ以上になると、車種によっては満タンになってしまうし、金額が少なすぎると入れる回数が多くなり、手間が大きくなるからです。

また、このドルコスト平均法は、ガソリンだけでなく、価格が変動するものを安く購入する手法としていろいろなものに利用できます。

ちょっとした工夫で、失う金額を少なくすることができるテクニックなので是非活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました